TOP画像

 「脳のしくみ」 できる人って?                 1/3ページ

                                                                        
脳は大人になっても成長すると言われていますが、人生の中で最高に伸びる時期が
「0歳~10歳位まで」だそうです。 伸ばすべき時期に、適切な刺激を与えて
あげるのが重要ですね! では、脳を大きく分けて、右脳&左脳! さらに分けると
大脳・間脳・中脳・延髄・小脳と分けられ、もっと分けると、大脳は前頭葉・
側頭葉・頭頂葉・後頭葉に分けられ、大脳皮質は、運動野、言語野、感覚野、
聴覚野、嗅覚野・・と、しばらく続きます。

でも~ここまで覚える必要もないですよね! 要は、
「育児&取り組みで、子どもの脳がどう影響・発達していくのか・・・・」だと
思いますので、簡単ですが「脳のしくみ」&「脳の発達」&
「脳&心を育てる取組内容」をお話したいと思います。


 脳イラスト

上の図をご覧下さい。脳は場所によって機能がちがうのが分かりますね!
これを見てると、この部分とあの部分を鍛えたいな・・・・と思いますが、ひとつの物を
認識する簡単な話を理解する・手足を動かすだけでも、情報が脳の中の
1000億あると言われている神経細胞を、いくつも乗り換えて、伝わって、
認識するので、その機能部分だけをトレーニングしてもダメなんですね!
じゃあ~ 目・耳・鼻・皮膚・・・から入った情報は、どーやって、
脳の中で情報のやりとりをし、どこの場所をどう通って、
最後理解するの???となりますね!

 
脳のしくみ  

ケーキだと、認識するために、いろんな機能場所に、神経細胞が情報を受け渡しながら、
最後「いちごケーキ」だと声に出せるのですね。 脳はネットワークしながら活動!
情報を処理するには、いろいろな役割が協力して いるのですね! なので、脳の一箇所だけを
取り組むのではなく、脳をバランス良く、刺激・脳トレするのがベストなのです。
脳のしくみは、少しで十分です。(難しいし・・・) 
ここからが大切なんです。
*「いちご」を知らなければ、「いちご」と認識できないし、声にもなりませんよね~
*ケーキを知らなければ、ケーキなんだと、脳は決定できませんよね~
*知識が豊富なら、分析内容&答えも違ってきて、「食べ物? おかし? いちご?」とは答えず、
「何のケーキだろう?いちごタルト?・・・・・ショートケーキだ!」と答えることができますよね。
だから! 
語彙数(ごいすう) 知ってる単語数がカギとなるのです。 ←これが言いたくって・・・・・

 では、次に「神経細胞」「シナプス」について、お話しますね!
五感(目・耳・鼻・皮膚・口)から受けた情報を脳は、分析し答えを出すのですが、
口で答えるまでに、いろんな機能場所に情報を送らなければなりません。
ではどのように情報(電気)を受け渡していくのでしょうか? 
情報(電気)を伝える役目を持っているのが「神経細胞=ニューロン」なんです。  
下の図「神経細胞」をご覧下さい。

 

たった1個の神経細胞の中に、シナプスが、数千~数万あり、
その数千~数万のシナプスが、また別の神経細胞へと伸び
つながっている。
神経細胞

数千~数万のシナプスが、また別の神経細胞へと伸び つながっていく ↓

シナプス1

と言う訳で、見たもの聞いたもの、触ったもの・・・それぞれ情報処理能力(頭の回転)を
是非とも、上げたいですよね! 
それには、やはり脳をバランス良く鍛える・使わなければいけません

   

ここまで読んで下さいまして、大変お疲れさまでした。
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓

                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓
                ↓

では・・・・もう一度お読み下さい。理解が深まります。

            ホーム 次 

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com