TOP画像

  12回 日本ジュニア数学オリンピック 元生徒様 渡邉 明大君の活躍

★12回 日本ジュニア数学オリンピック★ 

★中学2年時 渡邉 明大君 銅メダル受賞★

第12回日本ジュニア数学オリンピック成績優秀者一覧

 氏名

学校名 学年 都道府県
金賞 髙谷 悠太 開成中学校 2 年 神奈川県
岡本 姫奈

雲雀丘学園
中学校

3 年 大阪府
荻田 真矢 愛光中学校 3 年 愛媛県
伊従 寛哉 麻布中学校 3 年 東京都
本田 創郎 久留米大学
附設中学校
2 年 福岡県
銅賞 吉田 光樹 穎明館中学校 3年 大阪府
廣谷 優一 灘中学校 3年 大阪府
銅賞 渡邉 明大 東大寺学園
中学校
2年 大阪府
原 季史 筑波大学附属
駒場中学校
2年 東京都
神田 秀峰 海陽中等教育
学校
2年 愛知県
近藤 哲太 灘中学校 3年 兵庫県

「第12回日本ジュニア数学オリンピック(JJMO)」は、中学3年生以下が対象で、中学2年生以下を対象とする

国際数学競技会(IMC)の日本代表選手の選抜も兼ねている。試験の内容は世界各国の中学校程度で、

数の問題、図形の問題、ゲーム、組み合わせ的問題など。学校で学習する内容と多少異なる問題も題材となる。

 

日本ジュニア数学オリンピック(JJMO)とは?★

JJMOとは、日本ジュニア数学オリンピック(Japan Junior Mathematical Olympiad)の略のことで、

中学生以下の若い世代の数学的な才能の発掘・育成を目指すものであり・・・・・・・・

詳細は、こちらからどーぞ!

  国際数学競技会(IMC)韓国大会(KIMC)日本代表選手 渡邉 明大君の活躍

★ 国際数学競技会(IMC)韓国大会(KIMC)日本代表選手★

★中学3年時 渡邉 明大君 銀メダル

 

国際数学競技会(IMC)韓国大会結果報告

八千代教室卒業生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国際数学競技会において、日本の代表選手は大活躍し、

金メダル2、銀メダル2、総合順位3位という素晴らしい成績を収めました。

明大君!メダル受賞おめでとうございます。

 

国際数学競技会(IMC)日本代表選手の成績

金メダル

原 季史 

筑波大学附属
駒場中学校
3 年 東京都
金メダル 髙谷 悠太 開成中学校 3 年 神奈川県
銀メダル 渡邉 明大

東大寺学園
中学校

3 年 大阪府
銀メダル 本田 創郎 久留米大学
附設中学校
3 年 福岡県

算数オリンピック元生徒様   

国際数学競技会(IMC)韓国大会(KIMC)の開会式! 入場の様子(参加チーム数:28ヶ国・地域から77チーム)

 

元生徒様国際数学競技会

コンテストを前にして                         カルチャーナイト

 

受験のための数学を越えていますよね! 数の世界&図形の世界の精密な解・・・・

Aが成立するためにはBが成立しなければならない→Bが成立するためにCが成立しなければならない→
順次これを繰り返して・・・・・・・・が、解学・解析! これは、「探究心」がないと、成せるワザではないですよね。

明大君もすごいですが、明大君の「探究心」を育てた・ご両親もご立派です。

この探究心は、幼児ですと
「これなあ~に!」 「どうして~」 「なんで???・・・」になります。月齢的には、個人差もありますが、
4歳前後でしょうか? この時期に創造力が豊かに!又、優れた個性を育てるために欠かせない独創力が、最高潮を迎える時
でもあります。 お母様方へ、子供の問いに面倒なこともあると思いますが・・・・・邪険にせず、答えてあげて下さいね!

  広中杯ファイナル大会 渡邉 明大君の活躍

★広中杯ファイナル大会入賞★ 

★中学3年時 渡邉 明大君 金メダル受賞★

 

明大君 小学5年生から活躍!?

先日、お母さんとお会いし、話していた時 「やっと金が取れたんです。・・・・・今までなかなか取れなくて・・・・」と

話していました。 最初から「金」では、あぐらを掻いてしまいますよ。 小学5年~中3の金メダル獲得

とっても価値のある素敵なメダルですね! 中学数学の最高峰・金メダル おめでとうございます。

すみません、私ごときが言える立場では、ありませんでした。

 

算数オリンピック第14回ジュニア算数オリンピックファイナル入賞

順位 メダル 得点 ファイナリスト 学校名 学年
第1位 金メダル 85 川﨑 理玖 川﨑市立 下作延小学校 5年生
第2位 銀メダル 83 渡邉 明大 四條畷市立 田原小学校 5年生
第3位 銅メダル 79 福岡 直也 私立 精華小学校 5年生
第3位 銅メダル 79 岡田 暁都 私立早稲田実業学校初等部 5年生
第5位   77 佐藤 壱哉 さいたま市立 宮前小学校 5年生
第6位   76 桑原 一樹 足立区立 千寿第五小学校 5年生
第6位   76 中野 北斗 さいたま市立 本太小学校 5年生
第8位   73 矢後 徹也 文京区立 昭和小学校 5年生
第9位   72 米川 想真 秋田市立  築山小学校 5年生
第9位   72 原 季史 北区立 神谷小学校 5年生
第9位   72 唐山 桐 横浜市立 鴨志田緑小学校 5年生
第9位   72 黒田 直樹 神戸市立 六甲アイランド小学校 4年生
第9位   72 植田 遼太 私立 仁川学院小学校 5年生

 

算数オリンピック第20回算数オリンピックファイナル入賞

順位 メダル 得点 ファイナリスト 学校名 学年
第1位 金メダル 87 松島 康 日野第一小学校 6年生
第2位 銀メダル 64 二村 瞭太 朝日ヶ丘小学校 6年生
第3位 銅メダル 63 渡邉 明大 田原小学校 6年生
第3位 銅メダル 63 堀江 紘己 嶮山小学校 6年生
第5位   62 市川 琢己 宮前小学校 6年生
第5位   62 村松 美悠加 白百合学園小学校 6年生
第5位   62 頃安 裕貴 青柳小学校 6年生
第8位   61 唐山 桐 鴨志田緑小学校 6年生
第8位   61 岡田 暁都 早稲田実業学校初等部 6年生

算数オリンピック第9回ジュニア広中杯ファイナル大会入賞

順位 メダル 得点 ファイナリスト 学校名
第1位 金メダル 88 冨島 廉生 栄光学園中学校
第2位 銀メダル 83 渡邉 明大 東大寺学園中学校
第3位 銅メダル 81 津留崎 堅章 筑波大学附属駒場中学校
第3位 銅メダル 81 井上 卓哉 開成中学校
第5位   78 唐山 桐 筑波大学附属駒場中学校
第6位   77 高谷 悠太 開成中学校


算数オリンピック第14回広中杯ファイナル大会入賞

順位 メダル 得点 ファイナリスト 学校名
第1位 金メダル 77 松島 康 都立武蔵高等学校附属中学校
第2位 銀メダル 64 渡邉 明大 私立東大寺学園中学校
第3位 銀メダル 62 伊佐 碩恭 私立開成中学校
第4位   61 高谷 悠太 私立開成中学校
第5位   60 井上 卓哉 私立開成中学校
第6位   54 中山 裕大 私立灘中学校


算数オリンピック第15回広中杯ファイナル大会入賞

順位 得点 ファイナリスト 学校名 学年
金メダル 82 渡邉 明大 私立東大寺学園中学校 3年生
銀メダル 73 池田 亘孝 筑波大学附属駒場中学校 3年生
銅メダル 66 西村 聡一郎 筑波大学附属駒場中学校 3年生
第4位 63 森下 龍之介 私立海陽学園 3年生
第4位 63 海士部 佑紀 私立灘中学校 3年生
第4位 63 市村 優弥 私立北嶺中学校 3年生
第4位 63 黒田 直樹 私立灘中学校 2年生

★広中杯ファイナル大会とは?★

広中杯は、中学生を対象とする日本の数学のコンテストである。2000年より毎年開催されている。

広中杯は、日本人として2人目のフィールズ賞受賞者であり、算数オリンピック委員会会長でもある京都大学名誉教授の

広中平祐にちなんで2000年(平成12年)に始まった数学の能力を競う大会である。

詳細は、こちらからどーぞ!

 国際物理オリンピック 物理チャレンジ

国際物理オリンピックに準じた物理チャレンジ★

 

★実験優秀賞受賞者★
稲熊 穂乃里 愛知淑徳高等学校 2 年
權 俊河 神戸大学付属中等教育学校 5 年
徐 子健 大阪星光学院高等学校 3 年
寺田 侑史 埼玉県立春日部高等学校 3 年
沼本 真幸 岡山大学付属中学校 3 年
松浦 健悟 東京学芸大附属高等学校 3 年
渡邉 明大 東大寺学園中学校 3 年

 

★銀賞★

秋山 俊太 山梨県立甲府南高等学校 3 年生(山梨県)
尾田 直人 大阪星光学院高等学校 3 年生(大阪府)
川﨑 彬斗 洛星高等学校 2 年生(京都府)
皿海 孝典 白陵高等学校 3 年生(兵庫県)
田中 良 愛知県立一宮高等学校 3 年生(愛知県)
西田 森彦 京都府立洛北高等学校 3 年生(京都府)
濱田 一樹 灘高等学校 2 年生(兵庫県)
福島 理 東大寺学園高等学校 3 年生(奈良県)
丸山 義輝 宮崎県立宮崎西高等学校 3 年生(宮崎県)
村上 泰仁 栄光学園高等学校 2 年生(神奈川県)
渡邉 明大 東大寺学園中学校 3 年生(奈良県)
渡邉 伊吹 本郷高等学校 3 年生(東京都)

 

国際的な科学技術コンテスト 国際物理オリンピック参加申込総数1400人の中から、

7人が選ばれ、渡邊 明大君も選ばれました。

高校生に混じっての受賞! 数学だけでなく、物理までも・・・・・素晴らしい

おめでとうございます。


国際物理オリンピックに準じた物理チャレンジとは?★

全国物理コンテスト「物理チャレンジ」は、20歳未満の高等教育機関入学前の青少年を対象とする全国規模の物理のコンテストです。

物理オリンピック日本委員会 会報の P8/P9に、明大君の名前が記載されています。  こちらからどーぞ

  国際数学競技会→日本数学オリンピック→国際数学オリンピック

国際数学競技会(IMC)とは?★

この大会は中学生以下の若い世代の数学的な才能の発掘・育成を目的とする大会であり、
その上のJMO、さらにはIMOへの道の前段階となるコンテストとして位置付けられています。
他の国々においても、数学における若い世代の育成に力を入れており、
その一つとして国際数学競技会(IMC)が開催されています。

この「IMC」 日本代表に選ばれたのが、渡邉 明大君で、銀メダルを取りました。
着実に、IMOへ向かっていますね!応援してます。元生徒さんですもの!

   ↓
JMOとは、日本数学オリンピック(Japan Mathematical Olympiad)の略のことで、

IMOへ参加する日本代表選手を選ぶため、日本国内で行う数学コンテストのこと!

   ↓
IMOとは、国際数学オリンピック(International Mathematical Olympiad, IMO)の略のことで、

毎年行われる高校生を対象とした数学の問題を解く能力を競う国際大会のこと!

 

IMC国際数学競技会★

詳細は、こちらからどーぞ!

JMO日本数学オリンピック★

詳細は、こちらからどーぞ!

IMO=国際数学オリンピック★

詳細は、こちらからどーぞ!

 

渡邉 明大君ママとの対話

 

 

  次ページに掲載しました。

 

 

ホーム次へ

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com