TOP画像

  渡邉 明大君  元生徒様

明大君の写真(幼稚園)★

 

元生徒様 渡邉 明大君

 

明大君の写真(中3)★

 

  OB写真OB写真

  渡邉 明大君ママからの電話

明大君ママからの10年ぶりの電話

 

この夏休み、明大君のお母様から、10年ぶりにお電話を頂きました。

「前ページの大会の報告」を私に、したかったわけでなく・・・・・・

ただ、

「10年近く前に、八千代教室に通室していた渡邊 明大の母親です。

東京に行く機会があるので、先生、会えませんか?」という

嬉しいお電話でした。

 

東京に行く機会があるからと言っても・・・

わざわざ、千葉県の八千代市まで、おいで下さり

ご足労をおかけ致しました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の苗字も渡辺!

国際物理オリンピックで、3年連続金メダルを受賞

した渡邉 明大君のお母さんも渡辺!

同じ渡辺でも、レベルが違い・・・恥ずかしい限りです。


明大君のお母様との対話ですが・・・・・

苗字がかぶりますので、私は渡辺イラストで表記し、

明大君のお母様を「ママ」と記載させて頂きます。

 

明大君ママとの対話が、皆様の育児・能力開花の

参考になれば幸いです。↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 渡邉 明大君ママとの対話         1/2ページ

渡邉 明大君ママとの対話

ママ : 先生 お久しぶりです。渡邉 明大の母親です。

                  ・

                 省略

                  ・

ママ : 算数オリンピックで、明大 韓国に行くんです。

    (その間、東京めぐりをしようかと思って・・・・・)

     でも、明大、勉強もろくにしないで、韓国に行っちゃって・・・・

渡辺イラスト  : 結局・金メダルですからね!

     明大君、今 中3! 学校は?

ママ : 東大寺学園に行ってます。

渡辺イラスト  : 中学受験したんだあ~ 東大寺学園すごいじゃない!

     実は、

     明大君、灘中も合格してます。

     その灘中には行かず、あえて東大寺学園に入学してます。 

     「東の開成、西の灘」と言われる灘中に、何で行かなかったの?

ママ : 遠いから・・・・・・

渡辺イラスト  : ク~~~つ! かっこいい! 灘中を蹴るとは・・・・・

     片道、1時間と少しと聞いたような? 忘れちゃった。

ママ : 東大寺学園の自由な校風が、明大には合ってると思って

渡辺イラスト  : 息子を、よ~く 見てるな~と思いましたね

     偏差値・学校名・・・・云々より、まずは「明大」なんですよね!

     話をしていて、強く感じました。

     そんなご両親に育てられたからこそ、今の明大君の頭脳・探究心

     ・・・・などが、あるんだろうと思います。

 

渡辺イラスト  : 明大君のその算数能力の開花のきっかけは? 

     みたいなことを聞いたと思うのですが・・・・・・

    (明大君ママは、私に気を使って、下記のように話して下さいました)

     明大君ママにも、読者の方にも、おこがましくて、大変申し訳ないのですが

ママ : 八千代教室での 図形の取り組みが、一番、豊富で良かった.。

     あの教材 何と言いましたっけ???     

渡辺イラスト  : あ~「ロジックス」?

     (年少~年長クラスで、出している教材で、思考力を養う教材で、

     私も好きです。)

ママ : あれが良かったです。

渡辺イラスト  : 内心 私は思いました。

     ロジックスで、算数オリンピック・日本代表になれるわけがない・・・・

     このお母さん・ま~ず温厚で、かわいい・・・・

     全ては、お母さんの育児なのに!と、思いながら話していました。

    (あっ!読者の皆様方!明大君ママは、ロジックス教材のような思考力を問う教材、

    他! いろんな種類の図形取組で、思考力が養ったと、おっしゃっているのですよ。)

    図形遊び&取組といっても、図形もさまざま・・・・ということは、その さまざまな図形取組で、

    さまざまな図形能力(数の合成分解能力・構成把握能力・3次元空間把握能力・ 図形分解能力、

    全体性などの平面処理能力・数論理・仮説思考力・・・・きりがないですね)を、幼児期に、実物を

    実際に手に取り、遊ぶ・取組ことで、しっかり養っておく! これは、重要だと思います。

    大きくなって、ペーパー問題になった時、楽なはずです。


ママ : 八千代教室に通室していた頃、先生が

     「絵本を毎日・たくさん読んで上げて下さい・・・・etc」 と言ったんです。

渡辺イラスト  : はい!言いました。 今も言い続けています。

    読書好きにさせたいなら、幼児期に、親が子供にどれだけ、読んであげたか?で、

    決まると思いますし、絵本は、活字だけの入力では終わりません。

    創造性も、読解力、心をも育てます。 皆様も是非、お子様に読んで上げて下さい。

ママ : 先生のアドバイスを守り、 毎日、毎日・・・・1時間・読んで育てました。

     読まない日はない・・・・・・くらいに、守りました。

渡辺イラスト  :なかなかできるものではないです。

    私は、この時!

    講師が話す内容って重要だわ! 「言葉に気をつけなくては」と

    改めて思った 講師イラスト渡辺でした。

    ところで、

    明大パパって、どんなお方ですか?と尋ねたところ

     

    勉強は、できても・できなくても・・・・・どちらでもいいタイプだそうで、

    学校の行事のために、仕事を休むことはない「企業戦士」?

    一見・厳しそうに見えますが、家の中では、明大君に、甘~いお父さんだそうです。

    本読みは、平日はママが担当! パパ休日は、パパ担当!

    協力してもらったそうです。

 

渡辺イラスト :素晴らしい~  講師として大変嬉しく思います。   

     

    明大君は、「抱っこ法」も、ず~とされ育っています。

    ずう~~とって、どの位まで?

ママ :小学高学年位まで・・・・ 

    抱っこできる月齢までは、抱っこをしてました。

    七田の「飽きるまでやる」の教えを守り、大きくなって、物理的に抱っこが

    できなくなったら、抱っこをおんぶに変え、主人に協力してもらいました。    

渡辺イラスト  : この抱っこ法ですが、子供がお膝にのってくる・小さいうちだけ・・・では

    ありません。子供が大きくなって、さすがに「抱っこ」できなくなっても、

    かたちを変え、スキンシップは、とられて下さいね。

    親子の絆が強固なものになりますし、「心」が育ち・思いやりのある子に

    育ちます。

    明大君のご両親は、イクエルの取り組みだけでなく、愛情・心の教育まで・・・・

    純粋にやられて下さっています。

    頭脳だけ育てても無意味です。

    お母さんのお人柄・性格・・・・は、子供にコピーされると思っています。

    ちょっと大げさ??  でも「子は親の鏡」と言うじゃないですか・・・・

    明大君 ママ似で、「心」も育っていると思います。

   

    抱っこ法については、こちらをクリック下さい。

    子供の心の傷を修復する場合の抱っこ法を載せました。

    

    ご両親の愛情が、明大君に上手に伝わっていますよね! 

    明大君ママの育児は、頭脳だけでない・・・・ここがいいんですよ!

    一番重要な 「心の教育」も、きちんとされておられます。

 

    余談ですが、

    右脳教育というと、右脳活性化の取組法は?と、先走ってしまいがちですが、

    「心」は、「右脳」と深く結びついているんですね!

    話が長くなりますので、こちらをクリック下さい。

    日頃から、生活の中で「○○ちゃん可愛い・○○ちゃんお母さん大好~き」が

    自然に出ると良いですね!

    あっ!

    右脳の取り組みも、もちろん重要ですよ!なぜ重要かも、他ページを

    訪問して見て下さいね。

 

渡辺イラスト :明大くんちは、転勤家族で、転勤先でも七田小学生コースに通室し、続けています。  

    その後、プリントは、続けていた?

    記憶は??(記憶法・イクエルっていっぱいあるんです)

ママ :続けてました。

    中学受験を考え、小3に受験塾に入塾しましたが、イクエルとあまりに違う雰囲気に

   おかしくなりそうだったので、2ケ月で辞め、5年生で再入塾しました。

   ただ、毎月の公開学力テストだけは受けていたそうです。

渡辺イラスト :明大君ママって、本当に温厚で、謙虚な人で・・・・・・

   先生、ホームページの記載ですが、控えめに控えめに、

   お願いしますと、それはそれは念を押すんです。

   お母さんのお顔が、浮かんできちゃって・・・・

   でも・・・・・・・・・・・・書いちゃおう・・・と!

   先生

   「うちは、大したこともないので、控えめにお願いします。

   この先・・・・多分、普通のサラリーマンになっていると思いますので・・・」

   「こそこそ目立たず生きていますので・・・・控えめに控えめに・・・・」

   まあ・・・メールのやりとりの最後には、必ずこう言った文面が入ります。

   う‘・・・・・・あ‘・・・・・・・ん~~~・書きたい講師渡辺です。

   ○○全国テストや○○NO1です。 明大君ママとの縁が切れるのも

  イヤなので、ここまでにしときます。

  

  では、上記の話の続きは、次のページに!

 

  戻るホーム次  

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com