TOP画像

  幼児教室 七田チャイルドアカデミー 八千代 成田教室 卒業生

★千葉県大会/私の思い/中学生/発表文集 奨励賞受賞作品!★

 奨励賞受賞作品 「生きることの意味」

生きるということは苦しく、つらいことの多いものだ。楽しいことよりむしろその方が多いのでは
ないだろうか。そんなことを考えるようになったきっかけは、私が小学校高学年になった時の
ことだ。私は目の病気で入院することになった。子供病院に入院すると聞いた私は、友達が
できるのではないかと
いう わくわくの気持ちでいっぱいだった。しかし、現実は予想とは
かけはなれていた。同じ部屋になった子供達は、年はそう変わらないものの、あきらかに
私達とはちがうものがあった上手くしゃべれない子、体が動かせない子など、今までの私の
生活では関わることのなかった人達だった。もちろん、そんな中で楽しく生活というわけに
いかなかった私は、たまたまボランテイアで来てくれていた人達や、看護師さんに話を聞いて
もらうことだけが楽しみだった。「りさちゃんって話しかけても無視ばっかりなんだもん。」
「かず君は話してくれるけど体が動かないから遊べない し。」 まだ病気についてうまく理解
しきれていなかった私は、ただ病院生活での不満をぶつけるばかりだった。ある日、私が
暇つぶしにベットの上で本を読んでいると、いつも話しを聞いてくれる人、ひかり姉さんが私に
声を かけてくれた。
談話室につき、いつものように話を始めた私は、いつものように不満を
ぶつけた。 しかし、その日のひかり姉さんはいつものように聞いてはくれなかった。私が
言葉を止めると静かに口を開いた。「確かにここにいるみんなと一緒に遊んでもあなたは
面白くないかもしれない。でも、みなはどうだろう? 自分がうまく動かせない中で、ずっと生活
してこなきゃいけなかったんだよ。ちょっと違うだけで、仲間はずれにされるなんて悲しくない?」
いつものように優しい口調で聞かれ、私は心になんとも言えない痛みを感じた。
その後、ずっと附いている私に、今からでも遅くないと思うよ、と声をかけて頭をなでると、
ひかり姉さんは部屋から出ていった。
私はもやもやしたまま自分のベットにもどると、心の中で
何度もひかり姉さんの言葉を繰り返した。
本当の意味で理解したとはいえなかったかもしれない。
それでも私は、自分のしていたことは間違いだということ、人を傷付けていたということ、それだけは
理解できた。心が痛いまま、みんなのところまで 行った私は自分のできる限られた範囲内で遊ぶ
みんなの笑顔を見て、思わず涙が零れた。「ごめんなさい」と何度も謝る私に、理由も聞かず、笑顔で
大丈夫だと言ってくれた。
私は先程までの痛みではなく、温かい何かで 心が満たされていくのを
感じていた。 それからは毎日みんなで遊ぶことができた。
それは、不思議なほど簡単で、そして
楽しい時間だった。
どんな障害をもとうと同じ人間、互いの関係を豊かにするのも貧しくするのも
接する人の心次第なのだと思う。
退院してからの私は、病院での経験をもとに障害者ボランテイア
活動に参加するようになった。
自分が目で苦しい思いをしたこともあり、自然と目の不自由な人達の
補助には力が入った。出かける時の付き添いだったり、
録音や点訳ボランテイアだったりさまざまだったが
どのボランテイアにおいても、印象的だったのは、障害をもった人々がいつも笑顔だということだった。
つらくはないのかと聞いたこともある。しかし、ほとんどの人が幸せ者だと笑っていた。あたりまえのように
普通の生活をしてこられた私は、自分は不幸なのではないかと考えていたことがとても恥ずかしくなった。
そんな強い人達から生きることのすばらしさを 学べたことで、私は少し成長できたように思う。

生きるということは、すごく価値のあることだ。それは、楽しいからやつらいからじゃない。 
五体満足かどうかでもない。
生きていることが生きる理由なのだと私は思う。
今、私は生きられることに感謝している。まだまだ小さなひよっ子だけれど、教えてもらった通り自分なりに、
一生懸命、全力で生きて
いきたいと思います。

 

 幼児教室 七田チャイルドアカデミー 八千代 成田教室 卒業生 

★八千代市教育委員会/読書感想文集/県下38校から1933点の応募より選ばれた作品★  

応募作品の一次、二次審査通過→千葉県大会へ出場!  「ほんとうの友だち」

 

友だちとはどこからどこまでで、友だちとは何なのだろうか。主人公、恵美は事故がきっかけで友だちが
信じられなくなる。 松葉杖の恵美が唯一心を開いたのが、腎臓の病気を持つ、クラスでも地味で目立
たない由香だった。 私は短い間だったが、この本と似たようなをしたことがある。以前、私は年上の
友達がいた。彼女は物心ついたころにはすでに盲目で、「空色」がどんな色かも知らない人だった。
一人っ子の私にとっては姉のような存在だったが、
彼女は目が見えないというだけで「みんな」の中に
入れてもらえないことがあった。意地悪されることもあった。しょうがないことだと笑う彼女は、この本の
由香に似ている。この本には「みんな」が「みんな」でいるうちは
友だちじゃない。」という台詞がある。
私は恵美のこの言葉に強く心を動かされた。「みんな」の中では自分を守るためにどうしても本心を
抑えてしまう。
そして「みんな」の一員であるために、強さを見せたがる子が生まれ、それに従う子が
生まれる。だから「みんな」は「みんな」でしかないのかもしれない。 私の友だちをいじめる「みんな」に
向かって言い返す私はよく彼女に止められていた。
不満そうな私に、彼女は「人は「みんな」でいると
お互いを思ってああいう風にするしかないの。」と言っていた。
その頃の私は、彼女の言葉に割りきれない
思いを持っていた。 そんな「みんな」の中にA君がいた。いつも「みんな」に従っていた彼と、
ある日、
話す機会があった。「みんな」の中にいないA君は今までの印象と全然ちがってとても明るくて優しい人
だった。
個人と個人で向き合って始めて友だちの第一歩が踏み出せるものなのだろう。それ以来、
A君は「みんな」から離れ、私たちと一緒にいることが多くなった。「みんな」は疲れると笑ったのを
覚えている。 「友だち」 互いに心を許し合って対等に交わっている人。
一緒に遊んだりしゃべったり
する親しい人。いろんな定義がある。正解を決めたいわけではない。強い言うならどれも正解。 
または、
どれも完全ではないのだろう。「わたしは一緒にいなくても寂しくない相手のことを友だちって
思うけど。」 恵美は由香のことをそう言った。つねに一緒にいなくても相手の自分に対する想いを
信じていられるから寂しくないと言えるのだろう。例えば「花いちもんめ」で、自分のチームの人が
みんな相手チームにとられ一人ぼっちになったとする。最後の最後に自分の見方になってほしい子を
決める時、由香は必ず自分の名を呼んでくれると恵美は信じていた。
他の誰でもない、恵美を選ぶと。
恵美と由香は、女の子同士ならお互いにきっと一度は口にしたことがあるだろう「友だちだよね」や
「友だちなんだから」という言葉を決して口にしなかった。考えてみればそんなのは薄っぺらいむなしい
言葉だ。二人は確かに「あなたたち、本当に友だちなの」と聞かれても「そうだよ」などと
言葉に
しなかった。それは、そんなことを言葉にする必要がなかったからだ。言葉にしなく ても、お互いを
受け入れていることをわかっていたからだ。そういう信頼でつながっているのが、本当の友だちだと、
そう思う私と盲目の友だちの関係もそうだった。

ホーム次
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com