TOP画像

  幼児コース  (0歳~1歳)

★赤ちゃんは みんな天才! 目覚める、無限の可能性!★

幼児コース  
月齢

0歳~1歳クラス

ママと一緒の 1回:50分授業
少人数制 1クラス6名まで
授業回数 年間43回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0歳は、「見るもの・聞くもの」をまるごとスイスイスポンジのようにどんどん吸い込む時。
そして、刺激(見るもの・聞くもの・感じるもの)が多ければ多いほど、脳の質はどんどん磨かれていきます。
働きかけたことをスイスイ吸収できる“今”から、お子さまへの働きかけを始めませんか。

この時期の子どもは右脳優位で、イメージ(映像)を 媒体とし、働きかけてあげればあげるほど
脳の神経回路は刺激され、脳細胞が増え急速に脳が、発達します。
「まだ、小さすぎて言葉もわからないから・・」ではないのですね。幼児期は、人間の成長過程で
一番、もっとも重要な時期なのです。
「三つ子の魂百まで」とよく言ったものです。脳の8割がこの幼児期に作られるからなんですね!

 

★0歳児の特徴★日毎の目まぐるしい成長は、脳も同じこと

0歳は、“首がすわった”“ハイハイ始めた!”“寝返りうったわ♪”“歯が生えてきた!”と、目に見えて目まぐるしく成長していく時です。
そして、目に見えない部分でも驚くような速さで成長しているところがあります。それは「脳」です。この世に生を受けて、今が一番、
物事をどんどん吸収してしまう驚きの時。たっぷりの愛情とスキンシップを注いであげましょう。

★0歳児への働きがけ★

  • 刺激を与えた分だけ脳の質が磨かれます。文字や数、言葉にどんどん触れさせましょう。
  • マッサージは、赤ちゃんに愛情を伝え、安心感を与えます。特に生まれてすぐのマッサージは、身体機能が活発になり、
  • 病気への抵抗力もつきます。
  • 心を穏やかにし、脳も活性化してくれるモーツァルトの曲をBGMに流してあげましょう。

 

★1歳児の特徴★

“学び”の環境を狭めないこと

1歳は、“実験期”といい、物を投げたり引っ張ったりすることで、優れた能力を育んでいきます。子どもの行動を制限したり、
きつく叱らなくてもいいように、できるだけ不要なものを片付けて、行動範囲の環境を整えてあげましょう。
また、1歳8か月以降になると、自発的に学ぼうとする意欲が出てきます。この意欲をしっかり伸ばしていくことで、自立心もしっかりと芽生えてきます。

★1歳児への働きがけ★

絵カードやドッツカードのカードフラッシュ(カードに書かれた数や物の名前を読み上げながら、
できるだけ早いスピードでめくる)をして、右脳を刺激しましょう。絵カードでは、言葉(語彙)も育ちます。

 

★0歳・1歳児のレッスンのポイント★

*スキンシップ=母子の一体感(皮膚は心の座!愛情&安心感を与えてあげて下さい。)
*フラッシュカード/絵・文字・数字・記号・・・さまざまな種類のカードを高速に
大量に見せ右脳を活性化させます。
*指先トレーニングは「言葉と知能の発達」において、とても大切なため「基礎概念」
 トレーニングと合わせ取り組んでおります。

 

脳にもある成長期★ こちらからどーぞ!

 幼児コース  (2歳~3歳) 

★子どもは、好奇心で何でも吸収! やる気の種がはじける!★

幼児コース  
月齢

2歳~3歳クラス

ママと一緒の 1回:50分授業
少人数制 1クラス6名まで
授業回数 年間43回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“小さい子の方が、覚えるのが早い!”そう感じたことは誰にもあるはず…
それは、脳の質も伸びも最高の時だから。そう、今まさに、脳は天才的能力を秘めた右脳優位の時なのです。
働きかけたことをどんどん吸収してしまう“今”から、お子さまへの働きかけを始めませんか。

 

この時期の子どもは右脳優位で、イメージ(映像)を媒体とし、働きかけてあげればあげるほど
脳の神経回路は、刺激され、脳細胞が増え急速に脳が発達します。また、
好奇心旺盛で、目&耳 に入るものが気になって・・・気になって仕方ない時期であり、
言葉が急速に増える時期です。 言葉でコミニケーションをとり始めますので、イメージしたこと
感じたことが表現できるように言葉&書きの取組を多く入れ、右脳と左脳をつなぎ、子どもの能力を
定着させていきます。脳の8割が作られる、人間の成長過程で一番、もっとも重要なこの時期に
「脳&知的好奇心」を育てるためにさまざまな取り組みをします。

 

★2歳児の特徴★2歳児は天才期、チャンスの時!

2歳は天才期で、3歳までの間にめきめきと成長していきます。そして、朝起きた時から夜眠るまで、
「身体を動かしたい」「言葉を習得したい」「身の回りのことを上手にしたい」などの学びたい意欲に溢れていて、
何でも自分でしようとする時です。衣服の着脱、食事、簡単なお手伝いなど、親はあまり口出しをしないで、
子どもの思うとおりにさせ、できたらしっかりとほめて、やる気と自信を育ててあげましょう。

★2歳児への働きがけ★

  • 手先の器用さを育てるのに良い時期です。ひもとおし・はさみ・パズルなど、お子さまが喜んで取り組めるものを
    与えてあげましょう。手先の取り組みは、脳にも良い刺激となります。
  • この頃から、記憶力をつける働きかけができます。早ければ早いほど、生涯役立つ記憶力を身につけることができます。
  • 文字書きの基礎となる“線を書く”取り組みを始めましょう。まずは、なぐり書きで力強い線が書けることからです。

 

★3歳児の特徴★

脳は、天才的能力を秘めている右脳優位の時代を経て、左脳へと移行する時を迎えています。
働きかけたことをスイスイ吸収できる“今”から、お子さまへの働きかけを始めませんか

早くも自立の時を迎える3歳児

3歳は、脳の働きが“右脳優位⇒左脳への移行期”のため、これまでの“ただ教える、記憶させる”から考える力が急に伸びてきます。
そのため、少しずつ自分の考えを持つようになるので、いつもべったりだった母親から自立し始め、何をするのも、自分でしたがるようになります。
自己主張を反抗と捉えることのないよう、子どもの成長を喜びつつ、離れていくことを手伝ってあげましょう。
母親の愛情が十分に伝わることで、安心して自立をしていきます。

★3歳児への働きがけ★

  • 3歳は、思考の始まりです。考える遊びをさせればさせるほど、考える能力が高く育ちます。
  • プリントに取り組ませ考えて答えを出すことを学びましょう。小さいうちからプリントを続けることで、
    自然と机に向かう習慣を身につけることができます。自分の考えを持つようになるからこそ、絵本を読み聞かせて
    “この時、主人公はどんな気持ちでいたんだろう”など、考えさせてみましょう。
  • はさみを使うような細やかな技術が発達する時期です。ハサミを使う、ひもを結ぶ、ボタンをかける、折り紙をするなど、
    手先を使う小さな技能が身につけられる環境を与えてあげましょう


★レッスンのポイント★

*愛情たっぷりの言葉かけ=良い悪い関係なく何でも吸収してしまいますので、
 愛情ある言葉&良い行いのお手本を!
*指先トレーニング=「言葉と知能の発達」において、とても大切な取り組みです。 
*フラッシュカード/絵・文字・数字・記号・・・さまざまな種類のカードを高速に
 大量に見せ,右脳を活性化させ、ひと目見たものを記憶させる能力を!
*文字&数&基礎概念トレーニングの取り組みをします。  
 基礎概念とは?幼児期に身につけたい10の項目で
 「色・図形・大小・数・量・空間認識・時・順序・比較・お金」のこと
*絵本読み=言葉を育て、語彙数をあげます
*速聴2倍速・4倍速の速さで、紙芝居・かけ算などを見聞きし、聴覚トレーニングを!
*書き=「ちえ・もじ・かず」プリント学習!

 幼児コース (年小・年中) 

★奇心をやる気に!「できる・できた」で達成感を自信に!★

幼児コース  
月齢

年少クラス
年中クラス

ママと一緒の 1回:50分授業
少人数制 1クラス6名まで
授業回数 年間43回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人格・ 知的な面・感情的な面・人間関係の面 ・・生涯にわたる人間形成の基礎が、
日々急速に、作られる時期です。幼児期における教育や環境は「脳の発達」だけでなく、
子どもの将来を大きく左右します。 この重要時期に、人間は一番たくさんのことを
体で吸収し進化すると言われています。感情表現の語彙や理解力などいろいろな面が
かなりUPしますので、この伸びる:伸ばす時期を大切にしてあげて下さい。
やってあげたことは、後で必ずやった結果として出ます。 
また逆にやらなかったことは、後で「あまりやらなかった・・・苦手~!」結果として
出てしまいます。 

 

★4歳児の特徴★優れた個性・独創力が育つ最高の時

4歳は「イヤイヤ4歳児」と言われるくらい反抗的な時期です。ただ、それは決して悪いことではなく、自我が育ってきて、自分の考えや興味、
気持ちに従って動きたいからです。さらに、優れた個性を育てるために欠かせない独創力が、最高潮を迎える時でもあります。好奇心が強くなる、
「ねえ、どうして?」の質問が多くなったり、一風変わった考えを口にするなどの様子が見られたら、それは創造力が豊かに育っている
とても喜ばしいことです。5歳になるとたちまち衰えてしまうこの力を大切に育ててあげましょう。

★4歳児への働きがけ★

  • 「ねえ、どうして?」と聞きたがるような、好奇心旺盛なところが見られるようになります。そんな 時は、子どもと一緒に答えについて考えてみたり、
    分からないことがあれば、一緒に図鑑を引い て調べるようにしてみましょう。 知的活動を与えるオモチャを選定して与えましょう。
    最初からでき上がっている目を引くものよ り、自分で壊してはつくる、新たな造形のできるものがおすすめです。
    豊かな体験を与えるため、創造的な作業や工作遊びに取り組ませましょう。
    新しいことを考えるための土台作りに、読書をさせることも効果的です。

  

★レッスンのポイント★

*フラッシュカード/絵・文字・数字・記号・・・さまざまな種類のカードを高速に
大量に見せ右脳を活性化させ、ひと目見たものを記憶させる能力を!
*右脳記憶遊び 「目で覚える」&「聞いて覚える」バランス取組で、いろんな
記憶法で右脳記憶力を育ていきます。
*多彩豊富な積み木教材で、思考力・創造力・造形能力を育て、達成感・自信に
つなげていきます。
*ちえの取り組み 図形・集合・順列・類似判断・・・などの概念を学び、集中力や 
判断力をUP!
*基礎概念とは? 幼児期に身につけたい10の項目で
「色・図形・大小・数・量・空間認識・時・順序・比較・お金」で、順を追って取組!
*感情表現の語彙(知ってる単語)や理解が、この時期に定着してきますので、  
「もじ」が読めるようになったら、「書く力」を育て、自分の気持ちを表現!
*「ちえ・もじ・かず」 レベル別プリント学習を!

幼児コース (年長)

★想像力を創造力へ! 幼児期の集大成! 就学に役立つ!★

幼児コース  
月齢

年長クラス

ママと一緒の 1回:50分授業
少人数制 1クラス6名まで
授業回数 年間43回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興味があるものに、目を輝かせて取り組む時期です。創造力を発揮するために、
表現手法=創作作文:創作絵画など・・・自分のアイデア・感じたことを存分に
表現できるよう導く指導&環境が大切です。 また、本来、学ぶことは楽しいこと!
幼児期の集大成として、「ちえ・もじ・かず」を中心に、就学に役立つ力の基礎を
しっかり固める&処理能力をUPさせます。

 

★5歳・6歳児の特徴★子どもから、小さな社会人へと変わる時

5・6歳児は、“小さな社会人”、一人前の自我意識を持つ一人の立派な人間です。口答えをしたり、へりくつを言ったりしますが、
反面ぐっと大人らしい落ち着きも出てきて、頼りになります。子どもの自己主張に耳を傾け、同調しながらうまく話を引き出してあげると、
子どもの自信を育てることになります。 また、6歳になると、だんだんと幼児期から児童期に移るので、周りの接し方が変わることで心が不安定になりやすく、
扱いが難しくなる時期です。今まで自分でできていたことが急にできなくなるなど、退行現象が見られることもありますが、温かく見守ってあげましょう。

★5歳・6歳児への働きがけ★

  • 間もなく訪れる小学校就学に向けて、文字読みだけに留まらず、文字を書くことにしっかりとつ なげていきましょう。
  • 考える力と基礎学力がしっかり身につきます。 心が育つ栄養となるお話を聞かせてあげましょう。自分本位でなく、周りの人のことを
  • 思いやれ る心優しい子どもに育ちます。
    また、“買い物をする時はお金を払う”“道路や公園でゴミを捨て たりしない”などのルールも細かく教えていきましょう。

 

★レッスンのポイント★

*フラッシュカード/絵・文字・数字・記号・・・さまざまな種類のカードを高速に大量に見せ右脳を
 活性化させ、ひと目見たものを記憶させる能力を!
*文字&数&基礎概念トレーニングの取り組みをします。  基礎概念とは?
 幼児期に身につけたい10の項目で「色・図形・大小・数・量・空間認識・時・順序・比較・
 お金」のことでかなりUPした授業を!年長さんになるといろいろなことができるように
 なります。
*速聴トレーニング=2倍速・4倍速!このスピードでお話の内容がわかれば・・
 
それだけ読解力&理解力・・・・処理能力が早いということに!
*書き=「ちえ・もじ・かず」 レベル別プリントCを目安に学習を!
*記憶法=イメージ記憶・写真記憶・リンク法(お話記憶)・ペグ法などの記憶法をつかって
 円周率の記憶や1000個の単語=1000コマ記憶など、大量記憶の取組を!
 いろいろな教材を完全暗記します。(暗唱文集:理科&社会科を歌で覚える:
 かけざん名人34×34段まで:1000コマ:本:円周率・・・・) 幼児期にたくさん記憶し、
 質の良い記憶の回路を作ります。    
*図形遊びで、拡散思考=考える力を!
*プリント=ちえ・もじ・かず

ホーム次
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com